胸のコンプレックスがアクアフィリングでなくなりました

アクアフィリング豊胸



アクアフィリングは98%の水分と2%のポリアミドでできた液状の物質で、それを注射器でバストに注入することで胸を大きくします。ヒアルロン酸豊胸・脂肪注入豊胸とも迷ったのですが、美容整形の先生とのカウンセリングでアクアフィリングの方がメリットが大きいと感じたので決めました。というのも98%が水でできているだけあって体内に入れても安全性がとても高く、拒絶反応がほとんど起こらないのです。今までの豊胸手術で副作用としてよく話に聞いていたしこりなどもできにくく、しかも生体分解性があり生理食塩水を加えると分解されてしまう特性を利用して、もし手術後にどうしても気に入らず取り出したくなったら分解させて体外に排出させることができます。ヒアルロン酸豊胸と同じくらいの手軽さなのに、ヒアルロン酸が半年から1年の持続期間なのに対しアクアフィリングは3年から5年の持続期間と6~10倍長持ちするというのも大きな決め手になりました。持続期間だけで言ったら脂肪注入は半永久的なのですが、やせ型の私ではバストアップさせるほどの脂肪を取るのが難しいということと、ダウンタイム(施術後の日常生活に制限がかかる期間のこと)の長さがネックになりました。金額も一見するとヒアルロン酸より高く見えますが、持続期間で割って平均して考えればほとんど変わりませんでした。


胸のコンプレックス写真